B+COM(SB6X)を高音質スピーカーへ交換!【EXP01】

カスタムサウンドシリーズ ヘルメットスピーカー EXP01

購入したのはこちら!

B+COM用の高音質ヘルメットスピーカーEXP01です。

2022年11月18日発売

SYGNHOUSE - 日本のバイク乗りによる、 日本のバイク乗りのための バイク用品メーカー。

B+COM SB6XおよびONEに搭載された「B+COM SOUND SYSTEM」の高音質でパワフルな音圧に対応し、迫…

対応機種

対応機種はB+COMシリーズのSB6X ONEの2機種です。
その他のシリーズでは使用できませんのでご注意ください。

ヘルメットへの取り付け

最近のヘルメットはスピーカーホール(スピーカーを取り付けられる窪み)がありますが、そのままそこへ取り付けるのはお勧めできません💦

取付方法は2パターンあります。

高音質で聞きたい方へ

まず、スピーカーをヘルメットに取り付ける前に直接耳に当てて音質を確かめましょう。この時の音質がこのスピーカーの実際の音質です。
スペーサーを挟んでも耳との位置が合っていなければ、本来の音質で楽しめない環境になっちゃいます。特に耳との隙間が空いてしまうと高音が際立ちすぎてシャカシャカ音が強くなり、聞いていて疲れます…。

そこでサインハウスさんはヘルメットごとの取り付け位置を公開されていますので、これを参考に位置合わせをしてみてください。

SYGNHOUSE - 日本のバイク乗りによる、 日本のバイク乗りのための バイク用品メーカー。

造形的な美しさの要である左右対称のシンメトリーデザイン。高いエアフロー効果とヘルメットとの一体感が感じられる、流れるよう…

要は耳の位置にしっかり合わすということ。自分の場合、SB6Xを購入して3年ほどはスピーカーホールに位置を合わせて取り付けていたので、そこまでSB6Xが高音質なんて思ってもいてませんでした💦その後位置を合わせてビックリしました(‘ω’)ノ位置が合えばかなり音質向上できます。

ノーマルでも音質が良いのにそれが今回のEXP01だともっと音質が向上するという事です。

音質も大事だけど安全性も高めたい方へ

上記の取り付け方法だと確かに音質は向上しますが、周りの音が聞こえにくくなったりしますので、安全性を高めたい方はこちらの方法で取り付けるのが良いと思います。よほどの大音量でなければ周りの音(緊急車両の音など)もしっかり聞こえます。

取り付け方は簡単。スピーカーホールに付属のファスナーテープを貼り付け、あとはスピーカーをホールに合わせてはめ込むだけ。耳とスピーカーの間に少し空間ができますので、環境音も聞こえますし、耳にスピーカーが当たりにくくなるので快適に使えます。

音質ですが、高音質で聞く方法と比べると確かに音質は下がるのかもしれません。でもノーマルスピーカーと違って低音もしっかり出るし音圧も上がって迫力が増してます。ですので、変えて損ってことはなく、この取り付け方でも十分音質アップは体感できると思いますよ♪

開封

パッケージからスピーカーを出してみます。

お高いだけあってパッケージもこだわっていますね♪

この下にスピーカーのカバーなどが収納されています。

スピーカーの裏面を見るとファスナーが取り付けられています。これがあるおかげでスピーカーカバーがずれなくて済むので良いです!こういう細かいところに気配りが出来ているのは最高です。

実際に使ってみて

手元にはSB6Xのノーマルスピーカーと今回購入したEXP01があります。

実際聞き比べてみました。少しでも参考になればうれしいです。

まず初めに、過度な期待はやめてください。
数万円レベルのヘッドホンやイヤホンと比べるのは違います。バイク用のヘルメットスピーカーですので、スピーカーとしての造りが違いすぎますので・・・。

音質について

まずSB6X側の設定ですが

サウンドEQは専用のEXP01にしています。まずはこの設定を試してみるのが良いですよ。

この状態で聞き比べて思うのは「音圧」が上がってます。低音は程よく効きが良くなったおかげで迫力が増したし、高温は今までよりも綺麗に聞こえるようになっています。刺さるような高音ではなくバランスが良いです。ちなみにスマホ側のイコライザーはOFFにしています。Apple MUSICの場合「Late Night」にするともっと良くなるのでおススメです。 この時に高音が強すぎると感じるのはスピーカーの位置が合っていない可能性があるので、少し調整してみましょう。

自分の場合、この調整でかなり改善されました。

純正のスピーカーと聞き比べて思うのは、ビックリするくらい変化があるかというとそこまでではないです。(元のスピーカーが良いから)でも確実に音質は上がっています。

何度も言っていますが、スピーカーの位置で音質が変わったりしますので、取り付ける前にかならず「素」でスピーカーを耳に当てて通常の音質を確認するのをお勧めします。これを怠るとこのスピーカーの実際の音質が分からなくなって、取り付け位置が正しいのかわからなくなります。

スピーカーそのものについて

純正スピーカーと比べて0.3mm薄くなっただけですので、薄さは純正と比べて変わりません。逆に言うと音質が良くなったのにサイズが変わらないのは優秀ですよね♪

上記にも書きましたが、裏面にファスナーが取り付けられていますので、スピーカーカバーを取り付けてずれることがなくなりました。個人的にここかなりイイと思います。その他は純正と変わらない素材なので、カバーを取り付けると差はわかりません。ケーブルの取り回しも今まで通りで大丈夫です。

 

まとめ

インカム自体が高価ですので、音質にそこまで拘りがない方は無理して購入することはないと思いますが、やはり少しでも良い音で使いたい方は購入するのをお勧めします。インカム本体と同時購入も良いと思いますよ♪

もしSB6Xの後継機が発売されるとしたら、このスピーカーがノーマルスピーカーとして同梱されるかもしれませんね

このスピーカーは現在発売されたばかりですので売り切れてる場合もあると思いますが、こまめにチェックすると入荷されたりしますのであきらめないでくださいね

フォローお願いします(\'ω\')ノ